本サイトでは、より快適なナビゲーションをご提供するためにcookieを利用しています。皆様がよくご利用になる設定を記憶し、Google analyticsを通してユーザーの皆様の嗜好を解析することを目的としていますが、これらはすべてデータ保護欧州評議会のガイドラインに基づき、ユーザーの皆様のプライバシーを配慮しながら、ソーシャルメディアで適切に処理されます。詳細についてはここをクリックしてください。

キーポイント&アドバイス 海上輸送での             ソリューション

本船のデッキ内外で輸送する混載ブレークバルクは、極端な外的要因の影響を大きく受けます。

  • Ÿ金属コイルやスラブのような重量のある鉄鋼や金属の貨物で、その重量が設置面積の小さい脚部に集中するような場合には、貨物の載る床面にダメージがないことを確認し、貨物の重量がコンテナの床面全体に均等に配分されるように注意することが必要です。コードストラップのスペシャリストが、最適な固縛方法の計画策定のお手伝いをいたします。
  • Ÿ危険物は、確実に関連法規に基づいて輸送することが基本です。コードストラップの提供する輸送ソリューションは、全てCTUコードに完全対応しています。
  • Ÿ危険物の取り扱いについては、梱包、固縛する作業についても、適切な訓練を受けたメンバーによって行う必要があります。コードストラップでは、危険物を安全に輸送するのに必要な研修も実施いたします。
  • Ÿ危険物と非危険物が同じコンテナで混載される場合、危険物はドアに近接した位置に置き、危険物の識別マーキングやラベルが見えるように配置する必要があります。
  • Ÿ危険物の輸送では、ドアの位置で固縛することが最重要事項です。コードストラップでは、危険物の安全輸送に必要な研修も実施いたします。
  • Ÿ流動物の輸送では、確実な貨物固縛は必要不可欠です。それを怠ると、漏れが発生し、周囲の貨物や機械などのダメージに繋がります。
  • Ÿまた、貨物のタイプによっては、一緒に梱包すべきではないもの存在します。湿度の高い(または湿度を発生させる)製品とドライ (または湿気に敏感)な製品がその一例です。
  • Ÿコンテナへの貨物の積載は、出来るだけタイトに貨物を配置し、輸送中の動きを規制します。
  • Ÿ気候変動も、輸送中の貨物へのストレスとなります。海上輸送では、貨物が異なる気候のゾーンを通過することがあります。コンテナ内の温度も、外気温の影響で、20度から30度の変動を起こすことも否めません。
  • Ÿ貨物と貨物の間の隙間を埋めるには、コードストラップのダンネージバッグが有効です。
  • Ÿラッシングの作業は、貨物に対しどのような力や動きが掛かるかを考えた上で計算した結果を以って、実施してください。計算する際には、CTUコードなどの対象となる規範や標準に基づいて計算してください。コードストラップのカーゴ ソリューション エキスパートチームが、個々の貨物についてアドバイスをいたします。
  • ŸCTUコードの最新版に対応することは、荷主にとって重要になります。CTUコードでは、貨物が安全で輸送に適していることを確証するのは荷主の責任と規定しているからです。コードストラップの提供する輸送ソリューションは、全てCTUコードに完全対応しています。
  • Ÿ異なる固縛資材には、貨物を変形させる異なった特性があります。ですから、一つの貨物に対し、異なった特性を持つ複数の固縛資材を同時に使うことはできません。
  • Ÿコードストラップのストラッピングベルトとラッシングベルトは、450daN (1,000 lbf.) から 20,000 daN (45,000 lbf) 以上の強度と、広範囲からお選びいただけます。ポリプロピレン(PP)製のベルトは、外観は似ていても、コードストラップのストラッピングベルトとは全く異なる伸び率の製品です。
  • Ÿそれぞれのソリューションに対し、どれが最適なラッシングベルトかの見極めは、輸送環境や製品重量、どの輸送モードを使うかなどの要素で判断します。
  • Ÿそれぞれの貨物にどのサイズのダンネージバッグを使用するかを判断するには:
    • 貨物と貨物の間の隙間の大きさを測る
    • 床面から貨物の上面までの距離を測る
    • 固縛するパレットやその他の貨物単位の長さを測る

業界別のコードストラップ

業界別でのコードストラップ

コードストラップの適用事例

貨物輸送に関するあらゆる課題を解決するソリューションを提供

コードストラップの製品

市場最大級の製品ラインアップ